第20回ジャズ入門講座

2021年6月13日(日) 入間市久保稲荷公民館  

講師 NHK文化センター講師 小針俊郎氏
演奏 竹内直(ts)&友金まゆみ(p) DUO
参加費 1000円 定員65名(先着順) 
 2021年6月13日(日)
午後3時30分開場 4時開始
 IN 久保稲荷公民館
tel 04-2965-8448
入間市久保稲荷3-9-3 
駐車場には限りがあります。
 参加費 1000円 (定員65名)
 一昨年の模様
 ご予約・お問い合わせはこちら
※5月11日(火)チケット発売開始
※件名に「6月13日ジャズ入門講座」と書いて下さい
 申し込み方法 
参加費を添えて
直接久保稲荷公民館へ
 
04-2965-8448

コールマン・ホーキンズ、レスター・ヤング、デクスター・ゴードン、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン、スタン・ゲッツなどの歴史的な名演をCDDVDでお聴かせしながら奏法の変遷に追っていきます。講座の後のライヴでは同じ曲を名手竹内直さんに演奏してもらい、解釈の相違などを解説します。講師はNHK文化センターのジャズ教室講師など多数のジャズ関連講演会で活躍するプロデューサー小針俊郎氏。 
   小針俊郎(NHK文化センター講師)
19483月横浜生まれ。1970年開局の年にFM東京入社。番組編成、音楽番組制作部門に勤務。現在ラジオ・パーソナリティとしてジャズ番組DJTokyo FMの衛星ラジオ「Musicbird」で「Jazz in Applause」)、NHK横浜放送局のラジオ第一放送、FM放送の「はま☆キラ」に出演中。ライターとしては「ジャズジャパン」「ジャズ批評」等専門4誌のほか日本経済新聞の音楽コラムに連載中。NHK文化センターのジャズ教室講師などジャズ関連の講演会多数。一般社団法人横浜ジャズ協会副理事長、横濱ジャズ・プロムナード実行委員会プログラム部会長、一般社団法人日本ジャズ音楽協会副理事長などを務めている。
   竹内直(ts)
1977
年、1986年と2度にわたって渡米。ニューヨークでバイヤード・ランカスター(as)スティーブ・グロスマン(ts)に師事。デニス・チャールス(ds)、ウィリアム・パーカー(b)、クラレンス・C・シャープ(as)エレン・クリスティ(voらと共演。Jazz Center of NewYorkに自己のバンドで出演。1990年、エルビン・ジョーンズ(ds)ジャパニーズ・ジャズマシーンに参加。フレディ・ハバード(tp)と共演。1991年、ブラジルに渡りリオデジャネイロでルイザン・マイヤ(elb)と親交を深め、サンバやボサノバを吸収する。1994年頃よりテナー・サックス(のちにバス・クラリネット、フルート)による無伴奏ソロ演奏をはじめる。2002年、山下洋輔(p)ユニットのメンバーとしてヨーロッパ・ツアーを敢行。2002年、来日したビル・クリントン前米国大統領の歓迎晩餐会でサキソフォビアのメンバーとして、メイン・ステー ジを務め、 クリントン氏から賞賛される。2008年、セネガルに滞在し、世界的打楽器オーケストラのドゥ・ドゥ・ンジャイ・ファミリーと親交を深める。2008年、天河神社に奉納演奏
   友金まゆみ(p)
3才よりピアノ、5才より電子オルガン・音楽理論ソルフェージュ・即興演奏、10才よりパイプオルガンを学ぶ。洗足学園音楽大学付属中・高等学校を卒業し米国バークリー音楽大学を奨学金優待生として卒業。バークリー音楽大学講師、全米高校ジャズブラスバンドコンクールにて審査員を勤める。アート・ブレイキー氏と知り合い、ステージでの共演や連弾ピアノを通してリズム・ビートを叩き込まれる。また、ハンク・ジョーンズ氏・マッコイ・タイナー氏らからジャズピアノ奏法について直接師事を受けた。2010年にはクリスチャン・マクブライド、カール・アレンとニューヨークでレコーディング。自己のトリオ・カルテットでニューヨークブルーノートをはじめ諸クラブ、ニューヨークジャズフェステイバルに出演する。また、ジョー・ヘンダーソン氏のバンドで半年間、レギュラーピアニストとして演奏活動をしてきた。