高瀬龍一(tp)
1964年福岡県生まれ。故福原彰氏に師事しジャズトランペットの基礎を学び、その後故世良譲(p)クインテット、森山威男(ds)グループ、寺下誠(p)クインテット、山下洋輔(p)ビッグバンド、角田健一ビッグバンド、守屋純子(p)オーケストラ、佐藤春樹(tb)&東京リーダーズ・ビッグバンド、岸義和(tp)ビッグバンド、三木敏悟&インナーギャラクシー・オーケストラ等のメンバーとして活動。 高瀬龍一率いるビックバンドも2012年に活動を開始。カウント・ベイシー・オーケストラのナンバーのみを演奏する日本で唯一のビッグバンド。都内ジャズクラブ、ホテル、コンサートホール、ジャズフェスティバル等で演奏活動中。
http://home.att.ne.jp/sky/jazzy/

瀬川昌久
ポピュラ−音楽、特にジャズを愛好し、日本におけるジャズ・ポピュラ−音楽の歴史研究、ならびにその音源収集の第一人者。渡米中チャ−リ−・パ−カ−、バド・パウエル、ビリ−・ホリデ−等を生で聴いた希少な日本人の一人。その体験談を収めた「自選著作集19542014チャーリー・パーカーとビッグバンドと私」(522頁河出書房新社)を近刊。他に既刊「ジャズで踊って・・・舶来音楽芸能史」、大谷能生共著「日本ジャズの誕生」など。

クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョン、ヒップホップ・・・など、時代に応じて様々な音楽性を見せ、「モダンジャズの帝王」としてジャズ界を牽引したマイルス・デイビス。今回はマイルス研究家としても造詣の深いトランペッター高瀬龍一氏をお迎えし、瀬川昌久氏プロデュース「マイルスのすべて」コンサートに於いて高瀬氏がスペシャル・バンドを率いて演奏し、好評を博した模様の収録映像などを、マイルス自身の映像や音源と比較しながら、分かりやすい解説とともに、彼の生涯を辿ります。

講師 ジャズ評論家 瀬川昌久氏
演奏 高瀬龍一(tp)&阿部紀彦(p)
参加費 1000円 定員100名(先着順)    

阿部紀彦(p)
昭和33年東京生まれ。幼少時よりジャズを聞き親しみ法政大学在学中は同校のフルバンドで活躍。卒業後都内のライブ・ハウスで活動を始める。主な参加バンドは、鈴木雅之4、藤原幹則4、バイソン・片山セクステット、松本英彦4など。バイソン6では、スイス、モントルージャズ・フェスティバル出演。その後鎌倉に居を移し、J-Waveナビゲーター、キャラ・ジョーンズのレコーディングや杉本篤彦グループ、山田穣カルテットなどに参加、ジャズ以外にも活動のフィールドを広げる。現在は横浜・湘南・東京を中心に演奏活動を行っている。

※5月8日より受付開始!

04-2965-8448

(定員100名 おつまみドリンク付き)

2017年

ご予約・お問い合わせはこちら

昨年の模様

6月11日(日)

午後3時30分開場 4時開始

※ご予約は件名に「ジャズ入門講座予約」と明記し、
人数、フルネーム、携帯番号をお知らせ下さい

参加費 1000円

申し込み方法 参加費を添えて直接久保稲荷公民館へ 

第16回ジャズ入門講座&交流会

IN 久保稲荷公民館

04-2965-8448

2017年6月11日(日) 入間市久保稲荷公民館  

入間市久保稲荷3-9-3 
駐車場には限りがあります。