春のスペシャルコンサ-ト
奥田弦トリオ

 

2022年4月16日(土) 入間市武蔵ホール  

 出演 
奥田弦(p) ジョン・コウ(b) 利光玲奈(ds)
 会場
武蔵ホール04-2962-5668 
 西武池袋線武蔵藤沢駅西口駅前武蔵ビル5F 
駐車場はございません。
付近のコインパーキングをご利用下さい
2022年 4月16日(土)

18:00開場 18:30開演  

 チケット 1月28日(金)発売開始!
前売3,000円 当日3,500円 
 (全席自由 税込み)

チケット取り扱い KAKUI.CO
武蔵藤沢西口駅前武蔵ビル1F
04-2962-3883 

            武蔵ホールHP アクセス  
件名に「4月16日スペシャルーコンサートについて」と書いてください
お問合せはこちら!
 2009年と2013年のグリーンティーJAZZフェスティバルに出演。
2011年には9歳でポニーキャニオンからメジャーデビュー。
その後NHKテレビにレギュラー出演、東京ジャズなどの大型ジャズフェス、コンサート出演、楽曲提供など多方面で活躍。
現在慶應大学在学中の奥田弦が、新世代ピアノトリオを結成!
その旗揚げ公演ともいえるコンサートを入間市武蔵ホールで開催いたします。
同世代の才能溢れるメンバーと創り出す新世代ピアノトリオにご期待ください!お見逃しなく!!
   

奥田 弦(p)  

2001年生まれ。20歳。3歳でおもちゃのピアノで遊び始め、5歳で作曲を始める。楽譜の読み方は父親に教わり、ほぼ独習で演奏法を身につける。201112月ポニーキャニオンより10歳で史上最年少ピアニストとしてCDデビュー。デビューアルバム『奥田弦』がジャズジャパンアワード2011 ニュースター部門を受賞。201410月に2ndアルバム『BON APPETIT!』リリース。201511月に3rdアルバム『奥田弦とゆかいな 学校ジャズ・ピアノ』リリース。20174月よりNHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」アポロン5号シリーズにピアノ担当レオ役でレギュラー出演。東京ジャズなどの大型ジャズフェス、コンサート出演、楽曲提供など多方面で活躍中。
◆出演実績
かわさきジャズ2020『ジャズピアノBattleジャム』@ミューザ川崎シンフォニーホール奥田弦ジャズコンサート“夢弦JAZZ feat.武嶋聡 @さいたま市文化センター 等、多数

   

ジョン・コウ(b)  

13歳でベースを始める。高校のオーケストラに入り、ベースの基本を身につける。ブラインドオーディションにてAMIS Honor Orchestra Festival に選ばれ、ウィーンで演奏する。その後も練習を続け毎年AMIS Festivalに選ばれヨーロッパ、アジア各地で演奏をする。クラシックでベースの基本を身につけ、徐々にジャズへの道へと進んで行く。その後日本に在住し、ジャズを演奏する機会を得て、様々なミュージシャンと共演。兵役の為シンガポールに滞在した2年間の合間にジャムセッションなどシンガポールで演奏するジャズミュージシャンとの交流を深め、ジャズシーンでの名を広げた。除隊後バークリー音楽大学に留学、卒業。在学中2019年のBern Jazz Festivalではラルフ・ピーターソンのバンドに抜擢された。シンガポールのジャズピアニスト、タン・ウェイ・シャンのアルバム「Wei iii」、マレーシアのピアニスト、ウォン・フー・ジェン のデビューアルバム「Quiet Night Thoughts」に参加している。様々な音楽業界の中で確実な演奏を続けている。国際的に知られるジャズピアニスト、ジャラミー モンテイロはジョンに出会った時、「ビル エバンズがスコット ラファロに会った時の気分だ」と表現している。

   

利光玲奈(ds)

1996年、埼玉県出身。埼玉県立大宮光陵高校音楽科卒業。洗足学園音楽大学ジャズコースを首席で卒業。同時に卒業研究優秀者に選出される。ジャズドラムスを大坂昌彦氏、原大力氏に師事。201611月、世界的ピアニストである椎名豊氏のトリオに初参加。主な共演者は、天野丘(gt)、岡崎正典(ts)、金子健(b)、紗理(vo) 、田中菜緒子(pf)、田辺充邦(gt) 、谷口英治(cl)、中村誠一(ts,ss,cl)、宮之上貴昭(gt)、山本剛(pf)、吉岡秀晃(pf)、各氏等と共演多数。ジャズフェスティバルだけでなく、2018年にはクラシックの祭典ラフォルジュルネにも出演を果たす。現在、サイドメンだけでなく自身のリーダーライブも定期的に開催しており、都内ジャズクラブを中心に精力的に活動中。bf Jazz School講師。