トイレ増設完備!
音の迎賓館サウンド・オブ・アート
スペシャルコンサート

  
 出演:大林武司トリオ
{大林武司(p) 馬場智章(ts) 小川晋平(b)}

会場:音の迎賓館サウンド・オブ・アート  
 所沢市三ヶ島1丁目809
地図
西武バス:小手指駅南口早稲田大学行き・大日堂バス停徒歩5分
お車:三ヶ島農協から西所沢方面に向い、大日堂右折、八幡神社前信号右折
1つ目の路地を右折

駐車場30台あり

2021年 10月24日(日)
open13:30 start14:00  

チケット:前売り¥3000 当日¥3500(全席自由・税込)
☆チケット取扱☆
ウエスタンラボ 04-2925-5550
ブルーノートモッキンドー04-2964-0917

☆お問い合わせ☆ 
入間ジャズクラブ090-4664-9034(宮寺)

メールはこちら 件名に「10月24日コンサート」と表示してください

 主催:迎賓館サウンド・オブ・アート
後援:入間ジャズクラブ
協賛:(有)ウエスタンラボ
今年1月から2月に、52日間かけて全国47都道府県全てを網羅し、演目を一切繰り返さないというソロピアノ公演を敢行(その模様はユーチューブに随時公開中)、埼玉は入間ジャズクラブが担当し、武蔵ホールでコンサートをやってくださった大林武司さんが、今度はトリオでのコンサートを音の迎賓館サウンド・オブ・アートで開催いたします。現在ミーシャの音楽監督兼ピアニストとして昨年の紅白、今年の24時間テレビにも出演した大林武司さんが、再び入間ジャズクラブ主催コンサートで演奏いたします!   

大林武司(P)
ニューヨークを拠点に国際的に活躍するジャズピアニスト、キーボーディスト、作編曲家。 2007年に渡米しバークリー音楽院に入学。翌年師事していたグラミー賞受賞ドラマーTerri Lyne Carrington のバンドに加入し、プロ活動を始める。その後オーディションを経てジ ャズ音楽家育成コース Berklee Global Jazz Institute 第一期生に選抜され、世界各地の ジャズフェスティバルに出演する傍ら現地ミュージシャンへのマスタークラスを行う。 卒業と同時に拠点をニューヨークに移し、Blue Note, Jazz at Lincoln Center, Smoke, Small's, Jazz Standard, Birdland 等の NYC 主要ジャズクラブに数多く出演しながら、 Takuya Kuroda, Jose James, MISIA, Terri Lyne Carrington 等の様々なバンドのツアー に参加し、これまでに約 30 カ国に上る世界各国のジャズフェスティバル、ジャズクラブにて演奏している。2016 年にはジャズピアノの世界大会 Jacksonville Jazz Piano Competition において日本人として初の優勝を果たす。日本においても東京ジャズやビルボードライブなどの著名な会場にて数多くの来日公演を行なっている。NYC 在住若手ジャズミュージシャンで結成したバンド J-Squad に参加し、テレビ朝日報道 ステーションの現テーマソングを作曲演奏する等その活動は多岐に渡る。  

 
 馬場智章(ts)
1992年札幌生まれ。7歳でサックスを始める。20072009年、フル奨学金学生として、バークリー5週間のサマープログラムに参加。2011年、バークリー音楽大学に全額奨学金を受給。卒業後、ニューヨークに移り住み、テレンス・ブランチャード、デイナ・スティーブンス、テリー・リン・キャリントン、ジェイミー・カラム、ショーン・ジョーンズ、ダレン・バレットなどのアーティストと共演。2020年にファースト・アルバム『ストーリー・テラー』をリリースし、作曲家としても認知される。絵画、ファッション、建築などの他の芸術形態と音楽を融合させることに情熱を注ぎ、近年はイベントプロデューサー、アート誌「メトロポリタン・ソサエティ」のクリエイティブチームを務める。ニューヨークでの活動に加え、日本でも活躍を見せ、J-Squadの作曲家、サックス奏者を務める。「ジャズサミット東京サマーフェスティバル2015」もプロデュースし、ファッションブランド「竹お菊池」とコラボレーションし、J-Squadの舞台衣装を制作した。
 
 小川晋平(b)
13歳でエレキベースを始め、16歳でジャズの魅力に惹かれウッドベースを始める。島田剛氏、納浩一氏、瀬泰幸氏に師事する。2012年浅草ジャズコンテストに市川海容カルテットで出場し、銀賞を受賞する。2015年山野ビッグバンドジャズコンテストに慶應ライトミュージックソサエティで出場し優勝する。現在都内のライブハウスを中心に活動中。